15756 normal 1411791254 lgf01a201309220000

館長さんと考える板橋区立中央図書館の未来

2014-10-18(土)17:00 - 19:00
申し込む

申し込み受付は終了しました

今後イベント情報を受け取る

参加費無料

館長さんと考える 板橋区立中央図書館の未来

板橋区立中央図書館の改築について話し合ってきたこれまでの意見交流会では、やはり図書館の館長さんに詳しいお話を訊いてみたいという声が強かったことから、図書館の今後についての方針についての質問会を開催することになりました。

「中央図書館はこれからどうなるの?」
「バリアフリー化は進みそう?」
「もっと図書館がみんなに愛されるにはどうしたらいい?」
「新しい図書館への生まれ変わるなら、取り入れたいことは?」

まだまだ青写真の図書館の将来について、館長さんと利用者・地域住民が集う場での話から現状を知り、未来を色づけていきましょう。

会場・日程

会場: 板橋区立中央図書館 視聴覚室(地階)
日程: 2014/10/18 17:00~

板橋区立中央図書館の改築問題

築44年で老朽化が進みバリアフリー化ができていない中央図書館は、ときわ台駅徒歩3分で緑あふれる環境を気に入っている人も多いものの、法律上の問題で現在地の常盤台公園内で建て替えた場合に、延床面積が約半分になるというデメリットがあります。
まだ議論は始まったばかり。移転が検討されている話を知らない人もまだあまり知られていません。中央図書館機能の今後や、蔵書の管理、他の施設との連携などを考えたときに、どうするのが一番いいのか、移転や改築などの選択肢の中からベストプランを考えていく必要があります。

誰でも参加可能です

・参加は無料です。
・前回までのイベントにご参加いただいていない方もお越しください。
・途中参加・途中退出も可能です。
・お申し込みが漏れてしまった方も会場に余裕がありましたらご参加いただけます。
・主に利用者からの質問に館長さんか答えるような対話形式での進行予定です。
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
なお、当日18日(土)はこのイベントの前に14:00から同じ地下の視聴覚室で図書館主催の「アウシュビッツ行最終列車」(2006/ドイツ)の上映会があります。
お早めに到着された場合は上映中の場合がありますのでご注意ください。

当日参加できない方の質問も持っていきます

都合がつかずに参加できない方も、図書館に尋ねてみたいことがありましたら、お問い合わせ画面から、お気軽にお寄せください。当日に館長さんに訊いた結果を集約してお知らせいたします。

あんな図書館がいい、こんな図書館がいい

今後も引き続き、本や図書館、まちづくりについてのトークイベントを開催できればと思っています。ご興味・ご関心がありましたら、ご連絡ください。

http://tokiwadai.net/

※まだ図書館の今後の方針については未確定の部分がありますので、
 館長さんからはお話いただける範囲でのご回答をいただく予定です。
 ご理解の上ご参加いただけますと幸いです。

※本イベントは図書館主催の図書館懇談会ではありません。
 お問い合わせは中央図書館ではなく、ときわ台の景観を守る会 まちづくり委員会
 または 呼びかけ人まで、左のお問い合わせフォームからご連絡ください。

コミュニティについて
常盤台の景観を守る会

常盤台の景観を守る会

「常盤台の景観を守る会 常盤台まちづくり委員会」は、板橋区常盤台地区(東武東上線ときわ台駅周辺)のまちづくりについて活動しているコミュニティです。 特徴的な街路をもつ常盤台住宅地の景観の保存に関する呼びかけ、まちづくりニュースの発行、地域課題についての講演会やワークショップの開催などを通して、街と人々を、今と未来をつなぐ活動に取り組んでいます。 Facebook WebSite

メンバーになる